理 念

天然鉱物の中でも、

美しさ 耐久性 希少性 魅力 を携えた宝石は

鉱物によって異なる化学組成を持ち、物理特性も異なります。また宝石の内包物は起源、地質、産地において異なり、二つとして同じものはありません。それゆえに、とても魅力的であり、鑑別においての情報源にもなります。


近年では合成石・摸造石・処理石も増加しています。ダイヤモンドは合成と言ってもHPHT合成や、CVD合成があり、

鑑別においても非常に困難になってきおります。

また、色石においても天然に非常によく似た内包物が存在し、これらも鑑別困難になってきております。情報をいち早く収集し、

弊社では、宝石鑑別においてもっとも大事な長年の経験と実績のある、べてらんジェモロジストによる確かな眼と、

GIA G .G.・Gem-A FGA ,GJで培った技術と知識で、鑑定・鑑別を行います。また、さまざまな機器を取り入れて鑑別の一助としています。

それらを経て発行される証書は、多くの方に信頼を得て安心してご依頼いただける機関として厳正・中立の立場で、ジュエリー業界の信頼性を高めて行くことに精進して参ります。

上記の写真は
左:合成ルビー 右:合成エメラルド
HPHT合成ダイアモンド

また、証書の写真につきましては
多くのお客様にお褒めのお言葉を頂くほど
きれいに仕上げております。